スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ウアルカイシ氏>不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)

 中国大使館(東京都港区)の敷地内に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕され不起訴処分(起訴猶予)となった天安門事件の学生運動指導者、ウアルカイシ氏(42)が9日、東京都内で会見し「日本国民に迷惑をかけたが、仕方がなかった。今後も中国政府との対話を求める」と話した。

 ウアルカイシ氏は天安門事件から21年となる4日、中国大使館前のパイプ柵を乗り越えて敷地内に侵入し、現行犯逮捕された。会見では「21年間会っていない両親に会おうと思った。中国政府との対話が目的だった」と説明し、「中国政府は天安門事件がまだ終わっていないことを認識してほしい」と訴えた。

 ウアルカイシ氏は短期滞在の在留資格で入国しており、早ければ今週末に亡命先の台湾に帰るという。

【関連ニュース】
ウアルカイシ氏:東京地検が不起訴処分
ウアルカイシ容疑者:東京地検が不起訴方針
建造物侵入:ウアルカイシ容疑者を釈放 警視庁
中国指名手配:ウアルカイシ容疑者を逮捕 警視庁
ウアルカイシ容疑者:民主化要求姿勢 会見で再度示す

転売目的か 受診の生活保護受給者、4人に1人が基準量超の向精神薬入手(産経新聞)
酒井法子のバカ夫が、中国ニューリッチの罠にハマる!?
殺人 焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)
ハイエース盗の輸出手助け、貿易代行業者も再逮捕 兵庫県警(産経新聞)
郵政法案先送りなら連立離脱も=国民新・自見氏(時事通信)
スポンサーサイト

ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき(産経新聞)

 夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁することで与野党が合意した。当面は、ホームページとブログだけだが、本格的な「ネット選挙」に向け、一歩を記すことになりそうだ。

 ネット上で、ネット選挙のこれからについて議論を戦わせる「動画付きの討論会」が開催されていたので視聴した。

 ネットを使った政治活動の専門家に加え、みんなの党の衆院議員、柿沢未途氏も登場して、ネット解禁に至る与野党協議の内容などについて議論していた。

 「ネット解禁推進派」の論客たちがやり玉に挙げていたのが、簡易型投稿サイト「ツイッター」の解禁が、今回の与野党合意で見送られたことだ。

 「いろいろ理由はあったんです」。攻め込まれて神妙に答弁する柿沢氏。同じ政治家とはいっても、世代や個人差でネットへの親和度が違うことや、なりすまし、誹謗(ひぼう)中傷が問題視されたことを説明した。

 そこで、ネット解禁の与野党協議で「座長」を務めた民主党の桜井充参院議員の話題になった。

 「結構、大きかったんですよ、桜井さんの発言は」

 柿沢氏が指摘したのは、桜井氏が「自分でツイッターをやろうとしたら、すでに、自分になりすましてツイッターをしている人がいた」という逸話だ。

 柿沢氏の口ぶりからいって、桜井座長のこの発言が、与野党協議で「ツイッター解禁見送り」の流れを決めたということらしい。

 「まだ早い」。そんな空気がツイッターを退けた。解禁に積極的だった民主党も、政権与党になれば変わってしまう例だ。

 座談会に出席していた専門家たちからは、「ツイッターがないのは意味がない」と手厳しい意見もでたが、柿沢氏のいうように「100歩のうちの1歩」ということだろう。

 実は、このネット上の討論会には、気になる部分があった。

 「前座」と称して登場した大学院生たちの笑顔付きの「つぶやき」だ。

 ネット選挙解禁に関する討論会に参加する大学院生が、ネット解禁について語るという部分だったが、そこでこんなやりとりがあった。

 「1票入れても、意味があるのかと思う」

 「確かにそう思う時ありますよね、ぶっちゃけた話」

 「じゃあ、ネット選挙が解禁されても、選挙には行かないんです か」

 「信念持って(投票には)行かないですね」

 「まあ、ネット選挙で魅力的な政治家が見つかれば…」

 大学院でメディア論や、ジャーナリズム論を学んでいるという学生だが、マイクを握って「投票には行かない」と公言する姿が、ネットの現状をあぶり出しているように感じた。

 出席していたネット専門家の一人も同じ印象だったのだろう。

 「選挙では、候補者が、何を考え、何をしてきたか、という情報が少ない。なのに投票にいかなくてはいけないことが続いてきた。せっかく、ネットというツールがあるにもかかわらず、使われてこなかった。今回の参院選は、制約はあるが、候補者が何を考え、何をしようとしているのかを有権者がネットを通じて取ることができる。ただ、今回のネット解禁は、大きな一歩にすべきだと思う。どんなに情報出しても有権者がネットをみないで投票に行けば、ネット解禁には意味がない」

 熱くネット解禁の必要性を語った上で、調子を変えて、こう言った。

 「僕は選挙に行きませんなんて、マイクを持って大声でいうようなやつは、日本から出ていけ、と言いたい」

 延々と小さなパソコン画面でネット動画をみることになり、すっかり辟易(へきえき)していた私も、この一言で目が覚めた。(金子聡)

【関連記事】
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
iPadが上陸

ビックカメラとソフマップ、Windows 7採用の「コリラックマ」ネットブック
<鉄道事故>JR南武線で飛び込み 70代女性軽傷(毎日新聞)
桂春団治さん 体調不良で検査入院(毎日新聞)
宅配便の再配達もインターネット時代へ
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)

家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)

 全国の警察が昨年1年間に捜索願を受理した家出人は8万1644人(3.7%減)で、7年連続で減少したことが24日、警察庁のまとめで分かった。男性は5万1828人で全体の63.5%。女性は2万9816人で、男女ともに前年を下回った。
 年代別では、10代が1万8579人で最多。次いで20代(1万3866人)、30代(1万2506人)、70歳以上(1万1707人)などの順。70歳以上、60代、40代、9歳以下は前年を上回った。
 動機別では、家庭関係が最多で全体の22.2%を占めた。次いで疾病関係(16.1%)、事業・職業関係(12.4%)、異性関係(3.3%)などだった。 

放鳥トキ カラス卵2個持ち去る ふ化の期待あと1組に(毎日新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
仕分け後半戦、傍聴席の反応冷ややか…空席も(読売新聞)
口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)
自工会会長に日産の志賀COOが就任(レスポンス)

両親殺害、長男を逮捕=灯油かけて燃やす-静岡県警(時事通信)

 12日午後7時50分ごろ、静岡県磐田市福田の寺田忠一さん(93)方から、男の声で「両親を殺した」と110番があった。県警磐田署員が駆け付けたところ、男女2人が焼死しており、現場にいた長男の無職、武司容疑者(57)が殺害を認めたため、殺人容疑で逮捕した。
 同署によると、男女は寺田さんと妻のまさ子さん(86)とみられ、住宅に併設された倉庫で焼死していた。武司容疑者は「両親を縛って灯油をかけて燃やした。かっとなってやった」と供述しているという。 

【関連ニュース】
夫婦殺害容疑、長女の夫逮捕=昨年結婚時から不仲
通報の男逮捕=勤務先社長の刺殺容疑
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害
40歳の息子を殺害、父逮捕=ネクタイで首絞める
兄刺殺、29歳弟を逮捕=「いない方がいい」

お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
旭山動物園、入園者増へ市長自ら“なにわ作戦”(産経新聞)
「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査(医療介護CBニュース)
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)

志位氏、「沖縄県民大会を軽く見るな。県内移設は不可能になったのだ」(産経新聞)

 共産党の志位和夫委員長は26日、国会内で記者会見し、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外・国外移設を求めた25日の沖縄県民大会に関連し、「政府には『(県民大会は)一つの意見だ』と軽く見る向きがあるが、県内移設は不可能になったという認識を持つべきだ。日米政府が仮に合意しようと不可能で、鳩山内閣はそのことをよく認識して対応するべきだ」と述べた。

【関連記事】
鳩山、大丈夫?謎のインド人占い師“予言”で安全保障政策?
「裸の王様」次に座るのは… ポスト鳩山で顔色変えた首相
「内外の激怒」政権包囲 沖縄県民大会に9万人 米「信用していいのか」
谷垣氏、重ねて退陣要求 「首相は普天間を軽く見ていた」
「失速した日本」普天間迷走を見る韓中台の冷ややかな視線

衆院選定数訴訟できょう判決=高裁9判断出そろう-札幌(時事通信)
<陸山会事件>「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に(毎日新聞)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
首相「札束でほっぺたをたたかない」 普天間問題(産経新聞)
東大、不正調査で虚偽報告書=意図的架空発注隠す-元副学長らも認識、職員4人処分(時事通信)
プロフィール

ほうじようせいじ

Author:ほうじようせいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。